分かる、使える、育てるコンテンツ&サービスを提供します

1,944円、240ページ、翔泳社、2013/6/14                           担当:企画・編集・デザインディレクション

人口減少と高齢化が進む日本における数少ない成長分野の一つに、環境・新エネルギー関連の産業があります。新エネルギーの広域利用はハードルが高い一方、ITとの連携による電力管理や節電、スマート家電やスマートカーとの連携による地域利用は比較的ハードルが低く、それを実現するのが、本書のテーマである「スマートハウス」です。本書では、一部の都市やマンションなどで実験段階にあり、大手家電量販店が販売に力を入れている「スマートハウス」の現況をわかりやすく解説します。

第1章 スマートハウスの市場動向

第2章 スマートハウス用の住宅

第3章 HEMS

第4章 太陽光発電システム

第5章 さまざまな自然エネルギー

第6章 蓄電池とコージェネレーション

第7章 EV とPHEV

第8章 省エネ家電・設備

第9章 スマートハウス建設の手順

第10章 スマートハウスのこれから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>